2018年08月28日

残暑お見舞い申し上げます

水遊びRGB.jpg

残暑お見舞い申し上げます。
一昨年は私が臨月の妊婦の夏、昨年はまだ歩けない娘の1歳目前、乳幼児の夏でしたので、比較的大人しく過ごしたました。
そしてようやく走り回れるようになった今年は、庭でプールをしたり、花火をしたり、お祭りに行ったりと一緒に遊ぶことができました。まだまだ怖がりで、プールも花火も、初めてのわたあめもかき氷もみんな最初は「こわい〜」という娘でした。さて、来年はどうなっているでしょうか。

まだまだ残暑が厳しいですね。皆様どうかおからだお大事になさってください。

さくらももこさんが亡くなったというニュースを知りました。
文字が読めるようになる前から、姉が持っていた「ちびまる子ちゃん」の漫画を愛読していました。
(文字が読めない頃は絵でお話を勝手に考えていました)
最初は姉が集めていましたが、いつからか私が僅かなお小遣いから単行本を買っていました。
幼児の頃から、小学生になっても、思春期になっても、大人になっても好きでした。
単行本にはおまけのページが多く、隅から隅まで何度も読み、上京する時も実家から持ってきました。
アニメでは、まるちゃんが色々な自業自得な失敗をするストーリーのイメージが強いですが、漫画原作は、繊細な子供心や、家族や友達との思い出に共感してしんみりしてしまうストーリーが素晴らしく、同じ話を読み返しては何度も涙しました。
そして単行本の表紙や扉絵など、ところどころに挿入されている装飾的なイラストが、本当にきれいで、大好きでした。幼い頃から、これ以上なく影響を受けた作家さんでした。
さくらももこさんのご冥福をお祈りいたします。



posted by marie at 16:10| Comment(0) | 年賀状/暑中見舞い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。