2018年10月12日

田村能里子先生の展覧会に行きました

鎌倉のかさぎ画廊に、田村能里子先生の個展を観に行ってきました。画廊も45周年、田村先生も画業50周年だそうです。


A2B1D6CF-ED0E-4EEC-8AAD-232B19A7E582.jpeg

画廊では、油彩の50号くらいまでの油彩の小品(普通は50号を小品とは言いませんが田村先生の作品の中では小品の部類で、、)と、雑誌の挿絵の原画が展示されていました。

146A9D13-E3D2-449D-9344-69C71D983B88.jpeg

雑誌の原画は、ユーモアのある可愛らしい素描でした。インドの女性を描くような重みのある素描とはまた違った魅力がありました。もしかしたら、田村先生はこの素描のようなお茶目な可愛らしい方なんじゃないかなーと想像しています。

5C2C3C33-D84B-49D0-AA8A-BCC00AB009F6.jpeg

5E50B9DC-B858-44DC-B481-8975093780C2.jpeg

油彩は大胆な筆致とマチエールに、秀逸な線で描かれた人物画です。絵を通して堂々と強い気持ちを持って描いているのが伝わってきて、自分の自信のなさを思いしらされて、なんだかギクリとしてしまいました。(最初に「大胆な筆致」と書きましたが、後々みた制作中のビデオで、ローラーをたくさん使われているようで、その様子も大変興味深かったです!)

B97E81CB-94B6-4E37-BBBF-19EDBE9EB0E6.jpeg

45819C91-FE0C-4D2E-A631-1EC6B816D59F.jpeg

田村先生は、「万」を超える数のデッサンをしている、そうです。それが実力と自信の礎となるのでしょう。
小さくても吸い込まれる魅力的な世界でした。

画廊には英文副オーナーが一人でお客様対応をしていました。なんと、あの和子さんがつい先日から入院してしまったそうです!英文さん曰く、もう元気で大丈夫なのだけと、退院すると、なんせ田村先生の個展中ですし、また張り切って仕事をしてしまうので退院させないでもらっているとか笑 本当に不在でも和子さんらしいお茶目な話題に事欠きませんね。
来年の私の個展の時期を相談してからお暇しました。

FC8AB790-A892-4430-8632-DCEA0DBC43E7.jpeg

今回はかさぎ画廊近くの鎌倉パークホテルにて、田村先生の大作と、大きい素描のシリーズ、田村先生の若い頃からの画業を追う30分ほどのビデオが展示されています。
こちらは撮影不可でした。

不思議なことに、大作の油彩は軽やかに感じました。ふわりと風がふいているような、空気が流れているような作品だと感じました。一方で、余白にコンテで描かれた素描の方がずっしりと重たく感じました。明らかにマチエールが厚い油彩の方が普通は重厚な絵になるものなのに、田村先生の魔法でした。
30分のビデオを観て、田村先生の作品を巡ってみたいなと思いました。
最近あるきっかけから、「やたら大きな絵」に疑問を感じていました。モチーフや表現との相関性のない大きいだけの絵って、スゴイけれど、無駄な努力、という感じで無意味なんじゃないかな、回りの人と差を付けたいだけなんじゃない?という感想を持ったからです。しかし、空間と一体化して、伸びやかな田村先生の作品を見ていると、やっぱり大きな絵を描いてみたい!という衝動がうずうずと沸いてきました。

パークホテルの方には円さんがお客様対応をしていて、色々感想を言いたかったものの、その場では、凄かったです、、としか言いようがありませんでした。
圧倒されて、魅入って、素晴らしい刺激と沢山の反省を頂戴いたしました。
いつか田村先生にお目にかかれますように。


posted by marie at 11:31| Comment(0) | 絵のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。