2018年11月23日

千葉県S邸モザイク施工

千葉県S邸の新築のお宅の表札とその周りのモザイクを施工しました!奥様は私の高校のクラスメイトでした^_^


936A2EC2-F417-4668-AC8C-D2E6DC354725.jpeg

4F5DD96E-0C6B-4574-BC9B-B0A25DE3A17A.jpeg

91CAFB37-C8A9-417D-AE80-E4D7AABE2481.jpeg

ジョリパット仕上げのザラザラした壁が渋めのベージュで、私の使った多治見の丸いタイルと調和してほんのり和風なテイストになりました。表札周りのタイルを青緑のタイルをメインにしたデザインや、天然石をメインにしたデザインなど、材料を色々取り寄せて、打ち合わせ2回とSNSで何度もやり取りして、色々な案から二人でたどり着いたデザインです。和な感じにしたかった!という友人にも気に入っていただけだようで良かったです。私は最初に表札の周りを黒タイルにする発想がなかったので、モノトーンが好きな彼女にお仕事をいただかなかったら、このデザインにはならなかったと思います。結果的にとても素敵になって、私も新鮮で楽しかったですにこにこにこにこ

打ち合わせの時にお互いのイヤイヤ期の娘トークをしたり、可愛い赤ちゃんを抱っこさせてもらったりも楽しかったです。

ご依頼ありがとうございましたきらきらきらきら


posted by marie at 23:38| Comment(0) | 特注作品

2018年11月12日

表札の設置 鉄柱

先日は茨城県のお宅に、ご注文いただいていた表札を設置しに行きました。
新築の立派なお宅の、ピカピカの門柱でした。
もともと開いていた穴を利用しての設置だったので、事前にサイズを合わせて金具を作って持っていきましたが、もしうまくハマらなかったらどうしようかと設置は少し緊張しました。

小雨が降っている中でしたが、持っていった金具は問題なくハマりました。
その場で表札の角度が調整できるように、金具の違う金具を3つ持って行ってその場で試したのですが、よく考えたら、アトリエに同じ穴を作って試してから持っていけば良かったなーと、雨にうたれながら反省しました。

43C30934-ECD6-4735-A29E-FD72BD62E458.jpeg

反省点は色々あったものの、無事に設置できて良かったです!
ご依頼主と可愛いお嬢さん(私の娘とほぼ同じ年頃)の3人で食事させていただいたり、短い時間ですがとても楽しく過ごさせていただきました!ご依頼本当にありがとうございました!

娘の保育園のお迎えがあったので、ランチの後は高速バスでとんぼ帰りしました。
今度は娘を連れて家族みんなで遊びに行きたいです。
posted by marie at 17:14| Comment(0) | 特注作品

2018年01月25日

古代魚とH君

お友達から、絵のご注文をいただきました。
1歳の息子さんです。

417609F7-4F0B-4DD3-8452-30A6AFC8A2CD.jpeg
お友達が私の古代魚の絵が好きだと言ってくれたので、H君と組み合わせてみました。
H君はとても活発で、ボールを投げるのがとっても上手だったので、ヒトデのような、星の様な何かを捕まえて投げている様子にしました。
結果的に今まで描いたことのないファンタジックな絵になって、楽しかったです。

H君は娘と月齢が近かったので、子育て広場の色々なイベントで顔を合わせることが多く、自然と仲良くなりました。仕事以外の場所で新しい友達ができるというのはとても久しぶりだったので、新鮮な出来事でした。娘の成長と同じようにH君も会う度に成長していくのでまた会うのが楽しみです。
posted by marie at 14:34| Comment(0) | 特注作品

フレンチブルドックのガルム君と杏ちゃん

先日描かせていただいた、
フレンチブルドックのガルム君

053312BE-CF5A-4561-8EB6-5110E7218FC5.jpeg
まだ2歳の元気いっぱいの男の子です。楽しそうに駆け回っている様子が可愛くて、ボールで遊ぶ絵にしました。
ガルム君のご家族のウララちゃんの絵も数年前に描かせていただきました。それ以来長くお付き合いが続いていて、とても嬉しいです。

こちらはガルム君のお友達の杏ちゃん。

36E40551-436D-4F78-9ABE-3D91B659D8B4.jpeg
10歳の誕生日にとご依頼いただきました。
とってもお洒落が似合う可愛い女の子です。
杏ちゃんのご家族に絵をプレゼントした時の様子までご報告いただき、とても嬉しかったです。

posted by marie at 14:17| Comment(0) | 特注作品

2016年06月01日

ジャックラッセルテリアのマイリーちゃん

最近も色々なわんちゃんの絵のオーダーメードを描かせていただいています。
先日描かせていただいた、毛の長いジャックラッセルテリアの女の子、マイリーちゃんは、もう亡くなってしまったわんちゃんでした。
ふわふわの毛で、黒目が大きくて、とっても可愛い子で、飼い主さんからもとても長い文章でマイリーちゃんの思い出を教えていただきました。小さい頃からの色々なエピソードを知って私も愛着が湧いてしまい、最後に亡くなった時の写真を見て悲しい気持ちになりました。
しかし悲しい絵にはしたくありませんので、お聞きしたエピソードを参考に、元気でちょっとやんちゃな頃を想像して描きました。

ファイル 2016-06-01 19 58 46.jpeg

作品を受け取ったお客様にはとても温かいメールをいただきました。
普段の絵は自分の為に自分の好きなように描いていますが、こういった仕事ができるのも嬉しいなあと思います。とっても特別な思いで絵を大切にしてもらえますからね!
posted by marie at 20:08| Comment(0) | 特注作品

2016年02月20日

アメリカンコッカースパニエルのマルコ君

特注でワンちゃんの絵を注文いただくことが多いです。
展覧階の準備が忙しくなると注文の絵は滞ってしまうのですが、
気長にお待ちくださるお客様に感謝でございます。

最近描いたのはマミさんのお宅のマルコ君です。
アメリカンコッカースパニエルという犬種の真っ白でふわふわの子でした。

マルコ72.jpg

子どもの頃に雑種のワンちゃんしか飼ったことのない私なので、まったく詳しくなかったのですが、
最近は色々な種類の子を描かせてもらって、少しずつ犬の種類に詳しくなってきました。
そうしてみると、果たして「犬」という一つのくくりでまとめていいの?と疑問に思うくらい犬って形状が違いますよね。。。チワワとレトリバーだったら、ウサギとロバくらい見た目が違うと思うのですが。
全部ひっくるめて「犬」というのは、家猫も虎もライオンもふくめて「猫」と言っているような感じなんでしょうか。
でも、とっても人懐っこくて、心が通じ合えて、賢いのは大きなワンちゃんも小さなワンちゃんも一緒ですよね。やっぱりまとめてみんな「犬」でもいいのかなあ。。

posted by marie at 12:58| Comment(0) | 特注作品

2015年12月25日

特注作品【山の結婚式】

展覧会が終わってから、今月は主にオーダーメイドで注文いただいた絵を描いていました。
基本的には私の展覧会に来て、日頃の作品、実物を実際にを見て、
私の作風を理解していただいているお客様からのご注文を受けています。
オーダーメイドはもし気に入っていただけなくても、キャンセルはできません。
それに、展覧会に出す絵を優先に描かせていただいているので、
オーダーの絵はいつ出来上がるかも確約できません。
なので特注って、とってもギャンブルですよね。
しかしながら、今までは一度も、お客様とそういったことで揉め事はありません。
リピーターになって、別なモチーフで又ご注文を下さる方もいて、
私を信頼して頼んでくださるのは、有り難いですね。
そうゆう緊張感もありますし、日頃描かないモチーフは、モチーフの研究、モチーフに合った構図の研究から始めないといけないので、一枚一枚に描き始めるまで時間がかかります。

先日描いた絵は、結婚式を挙げていないご夫婦の、結婚式の絵でした。
プロポーズした思い出の山で、登頂したサインを持った新郎新婦、という新しいモチーフでした。
「ジャンダルム」という山も、ゴツゴツと険しい岩山で、どうしたら、この荒々しい山と、
明るく幸せに満ちた結婚の空気を同じ画面でまとめられるのか、というのが難しいところでした。
中々の大役ですし、構図的に絵の大きさもある程度必要で価格が高くなります。
以前にも作品を買っていただいたお客様だったので、私の好きにやってもきっと喜んでくださるだろうと思いましたので引き受けましたが、もし初めて買われる方でしたらお断りしたかもしれません。

ジャンダルム結婚式.jpg

そしてこのような絵になりました。
背景のピンクのシルエットがジャンダルムです。
明るく祝祭的な配色ですが、山のところはマチエールをつけて、岩山の雰囲気を出しています。
右上の鳩のような鳥が二人の結婚を見守っている表現にしました。
新郎新婦のドレスは、いただいたお顔の写真やお人柄のお話などを参考に、
色々なドレスのデザインを写真で探して、それぞれに実際にこれが似合いそう!(かつ私の好み)
というデザインのものを描きました。

特注作品.jpg

寝室に飾って下さったようです。
喜んでいただけてほっとしました!
大役を任せていただきありがとうございました!






posted by marie at 16:17| Comment(0) | 特注作品

2015年08月06日

フレンチブルドッグのヒメちゃん

特注でご依頼いただいた、フレンチブルドッグの女の子を描きました。
耳の大きな、黒くて可愛い子です。
「ふてぶてしい感じで!」ということだったので、、、

おかわり72.jpg

「おかわり」というタイトルにしました。
「ちょっとー足りないんだけど。おかわりちょうだいよー」と目で訴えているイメージにしました。

先日、三菱一号館美術館の「河鍋 暁斎展」を見てきたばかりなのですが、特に動物の表情に心惹かれました。
ということもあり、犬の顔や姿勢を、一層シチュエーションを意識して描きました。
犬自体もほとんど描いたことがなかったので、なかなか面白かったです。
気に入っていただけるといいです。

ところで暁斎の展示の中で、暁斎が一日絵の仕事をして、それが終わってから(夕方や夜に?)仏画などを練習して技術の向上に励んだ、という解説がありました。
な、なるほどぉ、と冷や汗が。
今は一日の中で家事と事務的な仕事と制作をいい言い方では「フレキシブル」にこなして、その場その場で優先順位が高いものをやっているような生活ですが、やっぱりタイムスケジュールを区切るような生活の仕方の方が、目の前の仕事以外のこと(技術を向上させるようなことや勉強)をする時間が取れるのかな、とほんのり思ったのでした。過去も挑戦したことはあるのですが、忙しい時期になると結局勉強や練習は後回しになってしまい、そのまま忘れてしまう、という感じでした。
何か工夫したらうまくいくのかなあ。また少し考えてみようと思います。
posted by marie at 23:37| Comment(0) | 特注作品

2014年04月23日

モザイクの表札

半年近くも待たせてしまいましたが、新婚の友達に頼まれていた特注の表札を作りました。
表札を作るのは初めてで、色々発見があって面白かったです。

モザイクで表札というと、フォントがはっきりした文字を、フォントの特徴そのままに、
タイルや石で綺麗に作るのが一般的かと思いましたが、せっかく私に頼んでくれたのだから、
表札といえど、私らしい感じにしたいと思いました。

図案検討中.jpg

なので、文字の部分はガラスをフュージングしてカラフルにすることにしました。
文字のフォントは無視して、ガラスが溶けて偶然できるゆるいかたちを生かすことにしました。

焼成前.jpg

これはフュージング前、まだガラスの上にガラスを乗せているだけの状態です。
普段の作品でも、模様のあるガラスや丸などのガラスはこのように、単色の板ガラスを組み合わせて自分の小さな釜でフュージングしています。ガラス専門家ではないので、ガラスをくっつける、溶かす、くらいのごく簡単なことしかできませんが、今のところ間に合っています。

焼成後.jpg

これが焼きあがりです。狙い通りのとろっとした感じになりました。
これを用意しておいたベースにモザイクしていき、目地を埋め、尖った角をルーターで整えて、防水剤を塗って完成!

完成作品アップ.jpg

これを作り始めてから、ご近所を歩くたびに表札がどんなふうになっているか、気になってじろじろ見てしまうようになりました。引っ越したりする可能性がある人には、取り外しができる方がいいですよねえ。壁にアンカーを打ち、表札側にひかっかけるところを作る方法や、壁に重い石をはりつける接着剤など色々勉強になりました。
それで、ご夫妻は賃貸なので、一番単純なひっかけ方式にしました。
いつかこれを壁に接着するめでたい日が来たら、私がつけにいきますからねー!
Kちゃんお幸せに!
posted by marie at 11:52| Comment(0) | 特注作品

2014年04月03日

春のうさぎ(特注作品6)

展覧会では、嬉しいことに、常連のお客様や友達が自分の友達を連れて観に来てくれることが多々あります。
モザイク仲間のMちゃんも、昨年の国立の展覧会に神戸在住の大事な友達を連れてきてくれました。
今回はそんなふうな出会いで私の作品を気に入ってくださったEちゃんに、Mちゃんが結婚祝いで作品をプレゼントしたい!という依頼でした。
モチーフはEちゃんの飼っているうさぎです。

春の庭のうさぎ.jpg


長い毛が真っ白で、目の周りや背中に所々こげ茶色の模様がある、ふわふわの可愛いうさぎで、
もらった動画の資料を見ながら、片時もじっとせずに高速で動きまわるこの子に夢中になりました。
柔らかい白い毛の部分はやはり白いままのほうがいいと思ったので、こういったデザインにしました。

そして無事完成した作品を、Mちゃんは神戸での結婚式に参加する時に持っていってくれました。
気に入ってくれたよー!という連絡をもらって、私も嬉しいです。
Mちゃん、重要な仕事を任せてくれて有難う!
Eちゃんご結婚おめでとうございます!お幸せにーー!
posted by marie at 18:47| Comment(0) | 特注作品

2014年04月02日

多趣味な二人(特注作品5)

サザエ階段の設置が終わり、水戸から東京に帰ってすぐ、大学時代からの友達のウェルカムボードに取り掛かりました。
事前の打ち合わせでイメージははっきり決めていたので、彼女を思い浮かべながら、とても楽しく描けました。

まりボード.jpg

二人の特技や趣味をモチーフに!というリクエストでした。
色は、小さくて可愛く、しかしぴりっと強い部分もある彼女をイメージしました。
それにしても、こんなに趣味や特技があるなんてすごいなー。

ぼかし.jpg

友達みんなに愛されているのが本当に分かる結婚式でした。
ハンカチなしにはいられません。

ボード.jpg

おめでとう。
お幸せにー!!





posted by marie at 18:23| Comment(0) | 特注作品

2013年10月17日

三兄弟見参!(特注作品4)

お友達の3人の子ども達の絵の特注作品を描きました。
茨城に住んでいる家族ですが、先日の国立での展覧会にTちゃんが3兄弟を引き連れてやってきてくれました!
やっぱり会えば一目瞭然!それぞれの子のことが大変よく分かりました。国立まで来てくれて有難う!
ギャラリーに来て最初は「すごーい大きい絵」と、感想を遠慮がちに言っていた長男君。しかし場の空気に慣れてくると、この後何処に行くとか、東京は何処に行ったことがあるとか、こうゆうものが好きだとか、こういう物を持っているとか、普段は友達になんて呼ばれているとか、ハキハキと沢山話しかけてくれました!そんなオシャベリなお兄ちゃんを横目にマイペースな次男君。ギャラリーのちょっとした壁の隙間にぴったりと挟まってみたり、柔らかい絨毯に寝転がってみたり、ロフトの手すりの隙間から1階を覗き込んでみたり。ニヤッと笑う顔がとても可愛く、笑うと目がTちゃんにそっくりだなあと感じました。まだ赤ちゃんの三男君は、くりくりっと大きな目でじっと見つめてくれて、その堂々たる雰囲気に大物の予感を感じさせます(笑)普段はお兄ちゃん達を追いかけまわしているそうです。
写真だけ見ていた時は、これだ!というイメージは掴みかねていましたが、実際に会ってみると、それぞれの持っている空気の色や印象的な表情があって、自然と絵の構想ができました。
それで描いたのがこちらです。

永井兄弟.jpg

私の中では密かに「やんちゃ三兄弟」というタイトルをつけています。
イラスト調のウェスタンな雰囲気で、カウボーイの兄弟やギャングの兄弟みたいな、ちょっと悪でかっこいいイメージを出してみたいなと思ってこんな感じになりました。
男の子はやんちゃでいて欲しい、ずっと元気いっぱいでいて欲しい、かっこつけていて欲しい、という私の勝手な願いも込めています。お母さんからしたら迷惑な話かもしれませんが(笑)

そして作品を玄関に飾ってくれた写真をいただきました。

3兄弟飾ったところ.jpg

Tちゃんの可愛らしいセンスが光るお洒落な壁の装飾とピッタリと合っているようです。
良かった!

子ども達はすぐに絵の中の子ども達よりも大きくなってしまうでしょうが、
Tちゃん夫妻や子ども達が、たまにこの絵を見て、みんなが小さかった頃の日常を思い出したりしてくれたらいいなと思っています。

制作にあたって、普段の様子の写真を色々用意してもらったり、Tちゃんにも色々協力してもらいました。
Tちゃん描かせてくれて本当にありがとう!
posted by marie at 23:51| Comment(0) | 特注作品

2013年10月11日

思い出の場所のウェルカムボード(特注作品4)

三木さん結婚式4.jpg

こちらは少し前に描いた、大事なお友達の結婚式のウェルカムボードです。
彼女と彼の思い出の場所がとある公園だということで、その公園の噴水をモチーフにしました。
思い出のある噴水の公園で、プロポーズもその場所だったそうです!ひゅーひゅー!
二人を「おめでとー!」と水が祝福しているような、クラッカーがーパーンっと弾けるようなイメージと重ねてみました。そして、この絵をきっかけに噴水のモチーフが私の絵に頻繁に登場するようになりました。

三木さんウェルカムボード.jpg

前にも一度書いたことがありますが、ストレートにハッピーな絵というのは案外難しくて、なんでも甘い辛いのバランスというのがありますから、ハッピー100パーセントで描ききるのは私にとっては強い意志が必要です。観る側にどこまで感じていただいているかは分かりませんが、私の普段の絵では、明るく楽しい一瞬の風景の色彩に少しばかりの郷愁、背景の喪失感を自分で持ちながら描くことでバランスを取っています。しかし、おめでたいウェルカムボードにそんなのは不要ですから、光のほうだけ描きたいわけです。そこは大事に描いていますので、モチーフは普段のものと似ていますが、テイストが違う、と自分では思っています。
そんな解説はどうでもいいのですが、とりあえず、大事な大事な友達の晴れの日に、会を盛り上げる側として参加できたのが嬉しかったです。大好きな友達の結婚式に、何も頼まれないのはちょっと寂しいですからね。私よりあの子のほうが仲がいいってうの!?きー悔しい!ってなる私は嫉妬深いですからね!

とにかくおめでとう!このパーティで優しく明るい旦那様のことがよく分かりました。不覚にも旦那さんの唄で泣いちゃいましたよ。
そしてママになった彼女。しばらく遊んでもらえないかなー!
posted by marie at 08:00| Comment(0) | 特注作品

2013年08月05日

特注作品その3

こちらはごく最近描かせていただいた結婚式のウェルカムボードです。
奈良ご出身の新郎さんで、鹿のモチーフで!というリクエストをいただきました。
海外出張の多い新郎さんの代わりに、新婦さんを見守る優しくて綺麗な鹿を描きたいなあと思いました。
そして大人っぽさと可愛らしさの両方を感じさせる新婦さんのイメージも大事にして描きました。

ウェルカムボード鹿.jpg

新婦さんはとてもお世話になっている方に紹介頂いたのその方のお姉様だったのですが、
よく話したら私の幼馴染の友達だったり、友達の結婚式で実は同席していたとか、
結婚式で見たウェルカムボードをお姉さまが気に入って下さっていて、実はそれは私が描いたものだった!
というのが、後から色々分かり、すごい偶然のご縁の連続でした。
ご縁がある人っていうのは、何度も何度もチャンスがあって巡り合うものなのかもしれませんね。

絢子ボード3.jpg

緑の綺麗なお庭での結婚式の写真も見せて頂きましたが、天気も素晴らしく、緑の中での花嫁さんが絵のように綺麗でした。

絢子ボード1.jpg

ウェルカムボードならではの御名前入り。
今は新婚のお家に飾って頂いているそうです。
この鹿には新しい門出のお二人の守り神として頑張ってもらいたいと思います!
お幸せにー!
posted by marie at 16:45| Comment(0) | 特注作品

2013年07月29日

特注作品その2

以前は特注というと結婚式のウェルカムボードでしたが、最近「うちの子供のイメージで描いて」という新しい題材の特注がありました。
高校時代の同級生で、まさか子どもの絵を依頼されるとは、みんな大人になったのねーともう30のくせにしみじみ思ったりしました。

展覧会にも連れてきてくれて、ぷくぷくの可愛い印象と、依頼主のN君の面影がしっかりあるのが印象的でした。その後に写真などの資料もたくさん貰って描いたのがこれです。

最初の夏(康太君).jpg

夏の明るい日差しの入る場所でお昼寝している様子です。
こちらをN君と共通のお友達の多いSNSで公開したところ、予想以上に「N君に似てる!」という声が多かったです。似顔絵はあまり得意ではないほうですが、雰囲気が出せたようで安心しました。

康太君作品飾った写真.jpg


こうやって描かせて頂くと、その子の成長が一段と気になりますね!
元気に育ってね!N君ありがとう!
posted by marie at 23:08| Comment(0) | 特注作品

2013年07月28日

特注作品その1

時々、お友達から特注作品の注文を受けることがあります。
展覧会にも何度か来てくれて、私の作品に理解あるお友達がお客様とはいえ、特注というのは緊張します。
私の作品には時々ひっそりと「暗さ」でバランスをとる部分がありますが、
特注の時は、大抵「お目出度い」行事の時なので、あまり暗さを入れないで描きたいと思います。
また、ちょっとした形や色が不吉なものに見えたり連想させたりしないか気を使います。
何より、この絵がお友達の大事な日のイメージに合うのかしら、と苦悩します。
なので、実は何より特注作品というのは緊張するものなのです。
幸恵ボード掲示風景1.jpg
でも、なんとか完成して、納品して、作品を飾ってくれた様子を自分で実際に見たり、写真をもらったりして、何か嬉しい言葉をもらったりすると、本当にやってよかったなあと思います。
友達の大事な人生の行事に参加させてもらえて、光栄ですよねえ。
幸恵ボード掲示風景2.jpg

この作品は、Yちゃんが「『紅の豚』に出てくる飛行機みたいなやつが「welcome」って煙を出してるやつ」というかなり詳細なイメージをいただいて描いた結婚式のウェルカムボードです。間違うと飛行機が故障して墜落している絵になり兼ねないので、その辺がはらはらしました(笑)

幸恵ウェルカムボードva,2.jpg

今も彼女のパリ風な可愛い小物を並べたマンションの部屋に飾ってもらっています。
Yちゃん有難う!

いくつか掲載できる事例があるので、また別エントリーで少しづつ紹介したいと思ます!

posted by marie at 12:54| Comment(0) | 特注作品