2016年07月29日

「木漏れ日オブジェ」再び

実は今年のまだ寒い時期に、茨城県の子ども病院のオブジェを改めて川又君に撮影してもらいました。
2階の広場に設置した「木漏れ日オブジェ」と名づけた「木」をモチーフにした作品です。
ちょうどデータを貰ったあたりからツワリで体調を崩したり、その後のNY展やらグループ展でドタバタとしているうちにすっかり掲載が遅くなってしまいました。

DSC_2130.jpg

撮影前日まで雨予報で、当日も水戸は朝から曇っていたらしく、最初は川又くんも心配していたようですが、
結果的にとてもダイナミックななかなか撮影できない面白い写真になりました。

DSC_2195.jpg

これは、この病院のオリジナルキャラクターのラッコの親子(ララとココ)が遊ぶ「森」を広場のテーマに依頼いただいた作品でした。可愛い木を形作って、どうせならということで、茨城の特産の巨峰と栗の模様にしました。穴の部分からいないいないバアをしたり、ちょっと隠れてみたり、陰をなぞってみたり、簡単な遊びができるといいなあと思っています。
ちなみに、1階の広場はララとココの暮らす海というテーマで、私は二人の家の大きな貝の遊具を作りました。

おや、今ブログを見返したところ、その正式に撮影してもらった1階遊具の写真もブログには掲載していなかったようですね。これは、なんという失態!そちらはまた記事を改めて掲載します。

DSC_2139.jpg

この「木漏れ日オブジェ」は影の形の面白さを狙って作った作品でしたが、初回の撮影を2015年の真夏、というか夏至付近に行ってしまったため、影が上手く出ず、川又くんはそれを気にしてくれていました。この時は逆に真冬で、一日中外で寒くて大変だったと思いますが、そんなことを微塵も感じさせない、清清しい写真になりましたね!本当にありがとう!

DSC_2115.jpg

掲載が遅れたの、許してくださーい!

posted by marie at 20:44| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年04月08日

遊び相手になれたなら

7日、水戸で展覧会の打ち合わせがあり、再び水戸に行ってきました。
その時に、母に病院に設置したばかりのオブジェの作品を見せたかったので病院に様子を見にいきました。
さて、いったい作品はどうなっているでしょうか…

私達が病院に着いた時、丁度小学校2年くらいの女の子がサザエ階段でひたすら一人遊びをしていました!
階段を登っては飛びおりたり、助走をつけて一気に上ったり、左右の壁にお尻と足をかけて自分が橋のような格好になって座ってみたり、モザイクのところにベターっとくっついたり、まさにイメージどおりの遊びをしているじゃあないですか。
しばらく見ていると、今度は1歳半くらいのよちよち歩きの男の子が親御さんと一緒にやってきて女の子は譲ってどこかに行ってしまったのですが、やはり男の子も階段を上り下りしていました!
私の姪っ子が、あのくらいの頃、何故か階段を見つけると登ったり降りたりしたがって困った経験からこのデザインにしたのですが、本当に子どもの習性って面白いですね!どうして登ってしまうんでしょうか(笑)
その様子を、親御さんが、新設したパラソル付きのテーブルセットで座って眺めていたりして、
デッドスペースだった中庭が、リニューアルされてちゃんと機能していました。
作品が完成した時は、実はそれほど「終わったぞー!」「やったー!」という実感がなくて、
ぽっかりと寂しいような気持ちの方が本当のところ強かったです。
しかし、作品がちゃんと子ども達に受け入れられている様子を見てやっと、作品が完成して良かった!
いい作品ができた!という嬉しい気持ちになれました。
私のさざえ階段が沢山の子ども達の遊び相手になれますように。
今回は木漏れ日オブジェの様子は見られませんでしたが、木漏れ日オブジェでも、影踏みをしたり、
いないいないばあをしたり、色んな遊びを考え出して遊んでもらえることを願っています。
あー、とにかく良かった!

今まで、「役に経たない」ということに逆に価値を見出してに愛情を注いで制作をしてきましたが、「役に立つ」ものをたまには作ってみるのもいいものだなと、そんな気持ちになった一日でした。
posted by marie at 23:52| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年03月26日

遂に施工、さざえ階段!

昨日、無事に茨城の病院で作品を施工してきました。
沢山の会社、沢山の職業の人々にお世話になった半年間でした。
こんなに沢山の大人にお世話になったのは生まれて初めてです。
温かくて、めまぐるしくて、幸せな作品制作でした。
作品にはそれがみんな詰まっています。

24日に武蔵通商運輸さんが、パワーゲート付のトラックで来て、大移動が始まりました。
まず、200kgを越えているさざえ階段は、キャスターで動かすのも一苦労です。
しかし、運送屋さんの、移動から、荷台で動かないように固定するまでの一連の作業を淀みなく行う技術の素晴らしさに見入ってしまいました。私の発想では、とにかく頑丈に盛って盛ってなんとかするイメージですが、余計なことはせず、大事なポイントをおさえて固定しているのが分かり、作品への負荷も少なくて素晴らしいと思いました。
そして無事に24日発送。私はミチヨと一緒に水戸に向かいました。
私の実家でミチヨと私の両親でご飯を食べたのですが、想像通りお母さんがまた沢山のご馳走を用意してくれていて嬉しかったです。きっと一日がかりで準備してくれたんだろうと思います。

次の朝、現場に向かう車の中で、私は緊張していました。
受験の日の朝のような、子どもの頃やっていた演劇の舞台の本番の日の朝のような、ざわざわした気持ちでした。
現場で、無事到着していた「さざえ階段」「木漏れ日オブジェ」を積んだトラック、施工コーディネートのタウンアートのお二人、基礎工事の職人さんが二人、「木漏れ日オブジェ」の設置と仕上げをしに来てくれたミケラムウトの井浦さんとみんなで集合して、いざ、始まりました。

この日は作業が大変で、写真をほとんど撮れなかったのが残念です。

私はウッドデッキにラッコの足跡を描く仕事があったので、さっそくミチヨとそちらにとりかかりました。足跡を描く位置を決めたり、すごく風があったので、養生の壁を作ったりすることから始めました。

その間に、さざえ階段は現場の基礎に合わせて、亜鉛パイプの長さを切る作業を大変な苦労でしたそうです。その様子は私は見ていなかったのですが、様子を見に行った時に、皆さんが既にぐったりしながらコーヒーを飲んでいたので、大変だったんだと分かりましたw
しかし、本日のメインイベントはここからです。
重すぎるさざえ階段と、長すぎる、裏の駐車場から中庭までの距離。
細い道で、しかも飛び石のような、土にところどころ敷石があるタイプのがたがたの地面です。
キャスターなどで運ぶことはできません。
正直、病院表側の正面エントランスにトラックを横付けして、そこから入れたら、地面もバリアフリーで平らだし、距離も近くて簡単なのですが。
そして、パイプ(名前がわかりません)でヤグラを組んでお神輿のようにみんなで運ぶという方法にしたようでした。
そして大変な苦労をして中庭の設置位置までようやく運ばれてきたサザエ階段、ひとまずバンコの上に足を乗せて待機。

私はこの間、ラッコの足跡を塗装する前に、ウッドデッキをミニルーターで薄く削る作業をしていました。ミチヨとの連携作業で、無事お昼前に削る作業を終え、プライマーを一層塗るところまでできました。

お昼は作業員みんなで病院の近くの中華に食べに行きました。
今まで、ばらばらにそれぞれ会っていた人達が同じ場所で集まってご飯を食べている様子がなんだか面白かったです。

午後には、サザエ階段の基礎の穴にコンクリートを詰めて、サザエ階段の足のパイプをゆっくりとそこに落とし、設置完了!無事に地面と階段がドッキングしました。

2階の木漏れ日オブジェは、作品を、基礎で設置しておいた丸パイプに作品表面を貫通するように穴を空けてビスをいれて固定してもらったので、その穴の部分をFRPで仕上げ、塗装をする作業を井浦さんがしていました。素晴らしい出来栄えでした。

そして私達は塗料の拭きつけを始めていたのですが、何回吹いても風に飛ばされたりして色がなかなかつきません。その様子を見かねたタウンアートのプラモデル作りが趣味の師匠が声をかけてくれて、ちょっと吹きつけをしてくれました。すると!綺麗!なんと!?それまで風やペンキの性能に文句をいいながらやっていた私の面目丸潰れです(笑)吹きつけの技術が圧倒的に足りなかった私でした。

そうこうしているうちに、全ての作業が完了!
素晴らしいお天気で、温かくて、気持ちの良い終わりでした。

そして、みんなで記念撮影!
完成3人娘.JPG

いえい!

屋上で井浦さんと.JPG

2階では井浦さんとも記念撮影。

栗の陰.JPG葡萄の陰.JPG

顔出しオブジェ.JPG

こんな風にも遊べますw

また芝が青くなる頃、ちゃんとした作品の写真を撮りにいこうと思います。
本当に皆様お疲れ様でした!
そして皆様お世話になりました!
プレゼンと話し合いや制作に協力してもらう会社探しを重ねた9月からの4ヶ月、大掛かりな個展と制作が同時進行になって不安でいっぱいだった1月と、昼も夜も粉まみれだった2ヶ月が終わって、今はなんだか寂しいです。
最近は展覧会でもそうですが、作家の仕事の面白さ、喜びをひしひしと感じることができるようになりました。会社のような既に作られた組織ではなく、必要に応じてだんだんと色々な人に関わって、「成功させたい」とか「いい仕事をしたい」という強い気持ちをもった大人がいつの間にか集結して、大きなチームとなり、みんなで作り上げている感覚です。そうすると、私一人では絶対に成し得なかったことも、色々な知恵と技術とネットワークで解決されていくのが素晴らしかったです。

ありがたいことに、また同じ病院の一角にアートを制作する新しい仕事ができそうです。
また皆さんと仕事ができること、新しい出会い、まだ見ぬ次の作品が本当に楽しみです。
絵の展覧会の仕事も今年だけでなく、来年のスケジュールまで決まってきていますので、またお知らせいたします!

posted by marie at 13:09| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年03月24日

いざ出発!

KIMG1048.JPG
本日サザエ階段と木漏れ日オブジェ、プロの運送屋さんによって無事に発送されました!
空になったアトリエが少し寂しいです。
いよいよあした施工します!
晴れますように。
posted by marie at 17:25| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年03月22日

ラッコの足型試作に苦戦の巻(後編)

これは昨日のブログ、ラッコの足型試作に苦戦の巻(前編)の続きです。
自分用の実験結果のメモ代わりなので、とても面白くない文章です。
塗装と型紙に興味のある場合だけ読んでください(笑)

まずカッティングシートに替わる案をミチヨにも相談して、型紙の試作を5種類用意しました。
@白ボール紙 単品
A白ボール紙の裏に幅広両面テープ
B白ボール紙の表にマスキングシート
C白ボール紙の表にマスキングシート、裏に幅広両面テープ
Dマスキングシート 単品
これを作った時点で、AとCの両面テープのつるつるしたシートをカッターで切るのが硬くて硬くて嫌になりました。
だからAとCは選ばれないといいな…と思っていたのですが、
まず@、Bは裏をウッドデッキに接着していないので、ミニルーターで削る時に型紙が少し動くことがあるし、どうしても浮いているところがあるので、スプレーが入り込んでエッジがぼやけるのが想像できるので良くないことがわかりました。がーん。
残る候補はACD!?やだなあ。
マスキングシートは値段が高いので、できればAがお安くすむけど、Aは切り出すのが大変だし。
値段が高い上に切り出すのが大変なCはイヤだな…と思っていました。

そして、前回の試作でのペンキの大量がけでの失敗に学んだ私は、ドライヤーで乾かしながら細かく塗り重ねることにしました。
すると、ACDの完成度はオッケーなレベルではありましたが、Dが一番綺麗に見えました。
ACではルーターに平らなビットをつけて削って、逆に角が出て面が粗め、Dではルーターに丸いピットをつけて比較的面が滑らかでした。削りの時点での差もあったので、丸いピットをつけたルーターで削ってAをもう一度試しました。
すると、大分Aの完成度も向上しました。
それでもう一つ分かったことは、昨日ペンキの隠ぺい力が低いと感じたのは、面を荒らしすぎて表面積が大きくなりすぎていたからでした。今日は1回目の塗りから白さが分かりました。
しかし、Aの残念なところは、ウッドデッキの溝の部分にスプレーが入り込んで、その部分だけエッジがぼわっとぼやけることです。その部分だけ、溝に合わせて現場で型紙に切り込みを入れたり、マスキングを足したりしないといけません。

結論としては、マスキングシートが一番エッジが綺麗です。切るのも簡単だし。
そりゃそうか。その為に開発されてるし。
でも、マスキングシートは、細かくくりぬいているので貼るのが難しい、という難点があります。
張りにくい→イライラする→失敗するです。貼りを失敗した時のための予備のシートも複数用意する必要があります。張り難さを改善するには、リタックシートを使うのがいいのですが、マスキングシートと合わせると、数千円お金がかかります。

というわけで、価格が安くて、悪くない完成度の「白ボール紙の裏に幅広表面テープ」採用!!
ウッドデッキの溝にかかる部分は適宜白ボール紙の切り込み+マスキングテープで対応。
ミニルーターのビットはエッジの削りだしは三角のビットで、広い面積は丸のビット。

試作1回目
P1070201.JPG


試作7回目
P1070202.JPG

さて、今度はこの型紙の大量生産です。
それはなんとかもう一晩使って頑張ろうと思います。
またお店に行って白ボール紙を沢山買ってこないとな。
それにしても試作しずぎてペンキがなくなってきました。
ペンキもまた買ってこないと!
もっと効率よく買い物できるようになりたいなあ。
posted by marie at 23:59| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年03月21日

ラッコの足型試作に苦戦の巻(前編)

病院に設置するさざえ階段は、もともと病院のマスコットキャラクターのラッコの親子と関連したモチーフです。中庭全体をラッコの親子が遊ぶ庭(海)に見立て、そこにある貝(さざえ)の遊具、というイメージです。そして、病院の待合室と中庭をつなぐウッドデッキを砂浜に見立てています。今回は、その砂浜に、海に向かっていくラッコの親子の足跡が点々とつづく、というイメージのペイントも担当します。
このデザインが決まった当初は、木製ペンキをハケや筆でペタペタと描くんだろうな、くらいのとても簡単な作業のイメージでした。ところが、このウッドデッキが、本物の「ウッド」つまり木製ではなく、新しい色々ないい機能を備えた人工木だということで、当初の私の想像が楽観的すぎたことが判明しました。
まず、「大変汚れにくい」素材だということです。
それはつまり、ペンキがのらない素材だということです。えええ!?

ということで、普通の木部用のペンキではなく、車のバンパーなどを塗るプライマー(下地)と、
それ用のスプレーペンキを採用することになりました。
まずそういったものを置いている店を色色電話をかけて探して買いにいき、スプレーペンキになったために必要になった、足型の型紙をカッティングシートで作成しました。筆で描けば簡単なの形も、デザインナイフで切るのはちょっと大変です。

さて、では試作を一つ。
お試し用にもらったウッドデッキの素材のサンプルにカッティングシートをはりつけ、
ミニルーターで足型に表面を荒らしました。その作業も結構細かくて時間がかかります。
そして、プライマーをさっとかけて、乾燥させて、ボデーペイントという車用のペンキをひと吹き…
………薄い…
なんという隠ぺい力の低さでしょうか!!
こげ茶色のウッドサンプルには、殆どペンキがかかっているのがわかりません。
私の普段使っている絵の具やペンキとの隠ぺい力のあまりの違いにびっくりしました。
きっと車に自然となじませるために、透明感のあるペンキなんだろうと思います。
これはかなりの長丁場になるぞ、と覚悟して。20分待って2回目、また20分待って3回目を吹きました。しかし、私はだんだんイライラしてきたので、3回目の時にブシューっぶしゅーっ!とひつこくかけてやりました。「もういい加減に寝かせてくれ」という思いで、はっきり白くなるまでたっぷりかけて、また20分後。
…カッティングシート溶けてるーーー!
なんと、シートが溶けて(伸びて?)ぶよぶよになっていました。
シートからペンキが垂れたのか、ぶよぶよになっているところは足型のペンキの形もぐちゃぐちゃになっていました。
とりあえず大失敗です。
この失敗は私のかけすぎが一番の原因ですが、カッティングシートは少し不安だと思いました。
それから私の試作で寝れない夜が始まるのでした。

つづく!

posted by marie at 23:12| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年03月20日

木漏れ日オブジェも進行中!

しばらく登場していない木漏れ日オブジェですが、FRP制作会社ミケラムウトさんのところでしっかり進行中です。
今日は箱根ヶ崎(東京の拝島の近く)の会社まで様子を見に行ってきました。

P1070185.JPG

相変わらず忙しそうで、今日も色々な作品を同時進行中でした。

私の木漏れ日オブジェのFRP!
私の作った発泡スチロールの原型をもとに、前後に石膏型をとってもらい、型に合わせてFRPを張り込んで、中の鉄の芯を入れて、今日ははその前後が合わさったばかりのようでした。

P1070182.JPG

葡萄の木と、

P1070184.JPG

こちら栗の木です。今、パテを入れてくれています。これを綺麗に磨いて磨いていただきます。
あースタッフの皆様本当に有難うございます。よろしくお願いいたします!

こちらは一見シンプルなデザインですが、実はウッドデッキの床に、底板や、ビスなどをまったく見せずに立てるための基礎が面倒な作りで、そこで大変苦労をかけてしまいました。でも、本当に任せて良かった!ウッドデッキの上にピタリと立っているように見せるのはミリ単位の仕事なので、私にはちょっと無理です。

今日はこの作品達に塗る色を指定するのが一番大事な仕事です。

P1070186.JPG

色を選んだら、井浦社長がすぐに作ってくれました。

P1070187.JPG

ちゃちゃちゃっと混ぜてイメージどおりの色を作ってくれました!さすが!
では、どうぞどうぞ仕上げまでよろしくお願いいたします。
私も楽しみです!

この後、井浦さんに紹介してもらった運送屋さんと3人で私のアトリエまで行って、さざえ階段を水戸まで運ぶ打ち合わせをしました。
「試しにもってみますか」
力持ちの大人が二人で持ち上げようとして、
「う…」
持ち上がりませんでした!!!やばい!!!
運送屋さんの「これは…」という表情に私も焦ります。
200kgは越えているということで、形状からも4人は必要ということになりました。
病院についてからは足場が悪いので、8人でおみこしのようにして動かす案などもでました。
最大の難関は現場の施工場所までの移動ですね!
上手くいきますように。

P1070191.JPG
今は階段にペンキを塗っています。駐車場用のペンキということで、ざらざらしています。

P1070180.JPG
そして昨日からやっているミニルーターでのタイルの角削りの作業をもくもくとしましました。
とっても地味で大変な作業ですが、決して終わりがない作業ではありません。
着実にタイルの角が滑らかになっていくので、さわり心地が良くなって嬉しいです。
苦渋の決断で、大きく角を削って、色が剥げてデザインまで影響が出る部分もありますが、
子ども達に怪我をさせてしまっては元も子もないので、そこは仕方ありません。
もっと私のモザイクのテクニックが向上したら、削る場所も減るでしょう。
頑張ろう。でも次はもっと上手くできる気がします!
posted by marie at 23:47| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年03月18日

タイル貼り完了と目地入れ!

この1週間はさざえ階段のモザイクの仕上げでした。
そして今日遂に目地入れまで終わってやったあ!
さざえ階段に関しては、あとは階段の仕上げと、ひたすら危険なタイルの角削りです。

今日は今回のプロジェクトのコーディネートと施工担当の会社の方々が作品を確認に来て、
施工までの最後の仕事を確認しました。
私には施工当日、ラッコの親子の足跡を現場(病院の中庭)のウッドデッキにペイントする仕事があります。さざえ階段の仕上げとその準備、そして、ミケラムウトさんにFRPで制作してもらっている最中の、2階用の木漏れ日オブジェの進行チェックと塗装の発注をして…が最後の仕事です。
いよいよ!25日に施工します。
うわー楽しみだなあ。ぶるぶる。

とりあえず、モザイクの目地いれまでの、記録を掲載します。
13日には片面が完了して、中の夜空は両面が完了しました。

P1070157.JPG

まだこの時点では反対側は「0」です…
しかし、だいぶ私も要領をつかんできたので、スピードも上がり、集中力も上がった気がします。

P1070158.JPG
P1070160.JPG

14日ここまで。ここ数日は集中して夜も作業していてしばし変なことをぶつぶつ呟いたりテンションがおかしくなりました。ラジオ番組にも詳しくなりました。

16日、17日はみちよと二人がかりで仕上げました。
P1070162.JPG

P1070166.JPG

そして遂に全体が完了!!
みちよも記念撮影中。

P1070169.JPG

この日の作業を終えて、掃除をしながら、
感動の映画のクランクアップみたいに、わーっとスタッフが花束とかケーキとか持って「おめでとー」とか拍手で集まってくる妄想を二人でしたりして。妄想に感動(笑)

そして今朝、午前中はコーディネート兼施工の会社の方々と打ち合わせからの、楽しいランチ。
午後は鬼の集中力で目地入れ。
まずごしごし、ごしごし、と全体を綺麗に磨いて余計なノリ、
目地からはみ出したモルタルなどを取り除くこと1時間。
それから、柔らかく練ったモルタルを、目地に塗りこんでいきます。
最初は普通にゴムべらで目地に入れていましたが、
「ねえ、手のほうが入れやすくない?」
ということで、すっかり手で押し込む方式定着しました。
指でギュッと入れたいところを押せるし、手のひらの腹の部分で大きく広げられるし、
手って便利!

P1070171.JPG

目地がしまってきたら、硬く絞ったスポンジでタイル表面のモルタルをふき取って、
(お隣さんに分けてもらった)新聞紙でひたすら磨く。スポンジでふきとる。
磨く、磨く、磨くーー!
こ、これは明日全身筋肉痛間違いない。
そして19時半。

P1070173.JPG
P1070177.JPG

目地が入ってとっても可愛く、上品になったサザエ階段。
白の目地が入ったことで、4色使い分けた白のタイルの差がはっきり分かるようになりました。
また、水色のタイルとグレーのモルタルの相性がとても悪かったところも、白の目地になって、
まったく別物のように爽やかに印象が生まれ変わりました。
上の方の目地いれ前の写真と見比べてください。
黒っぽい目地を入れて、割れた形を強調して、ワイルドに男性的に、モダンな雰囲気で仕上げる方法もありましたが、今回はこども病院に設置するので、優しく女性的な雰囲気に仕上がって成功したと思います。緑の芝生にきっと映えます。

今日は長いブログになりました。
今週は、私の上半身全体と顔に突然赤い発疹が大量にできて病院に行ったり、
みちよがニッパーの使いすぎで腱鞘炎になったり、体力的にもなかなかハードな感じでしたが、
いよいよ終わりが見えてきて、早くもちょいちょい感動しそうになっています。
まだ、まだだぞ。まだ終わっていないぞ、と気が抜けそうな自分に言い聞かせつつ、
もう一息頑張ります!
posted by marie at 23:54| Comment(2) | 子ども病院のオブジェ

2014年03月12日

道のりは長い!!

昨日は一日ラジオで東日本大震災に関する番組が流れていて、
制作しながらずっと聞いていました。
あれから私も成長したし、そろそろできることもあるかもしれないな…
と思いながら聞いていました。
ひとまずこの仕事が終わったら、東北の温泉に行こうかなと思っています。

途中別な仕事をはさみつつ、亀の歩みにさざえ階段のモザイクは進んでします。
分かってはいたものの、分かってはいたものの…
モザイクは大変だあ。
その分とっても綺麗ですけど。
でも大変…

P1070144.JPG

例えば、この写真で一番手前の膨らみの白のパートを作るのに、朝10時から、
夜20時までかかりました。水色の部分はその前日に6時間くらいかかりました。
正面の面積以上に、側面の厚みの部分が案外ボリュームがあります。

P1070141.JPG

みちよも頑張っております。

KIMG1017.JPG

みちよの夜空は片面が完成して、もう片面に入っています。
二人ともくたくたになってきていますが、時間的にそうも言っていられません。

P1070146.JPG

なんとか今日はここまで。
明日はこちらの面を終わらせて、まだ、まっさらな反対側に入りたいです。
私の予想では、貼り終わりまであと50時間くらいはかかると思います。
その後、角が出ている危ないタイルを削って、目地を入れて、タイルを磨いて、
階段の形をグラインダーで整えて、階段の仕上げのペンキを下地と仕上げの3段階で塗ったら完成です。

よーし、温泉!温泉!とかけ声をかけて頑張るぞー!
posted by marie at 23:52| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年03月07日

モザイク進行中

今朝はスッカリ熱も下がり、近所の病院で一応腫れているリンパを視てもらって、なんてことないことが分かったので安心しました。
まだ、色々タイルの組み合わせや並びを試行錯誤中で亀の歩みですが、モザイクも少し進めました。

P1070139.JPG

単調に機械的にならないように、でもなるべく割らずに貼る方法を色々工夫しながらやっています。
楽しいです。

KIMG1002.JPG

ミチヨが制作中の夜空のモザイクも左右がつながりました。
明日は教室の仕事なので、また明後日頑張るぞー!
日曜日はランチで私のお気に入りの店にミチヨを連れていこうと思っているので、それも楽しみです。

今日は金曜日ですね。
飲んできたご機嫌な旦那さんが、私にプリンと、最近自分の気に入っているたらこのじゃがりこを買って帰ってきて、食べたらソファーで寝てしまいました。うちのお父さんもこんなだったなあと、なんか見たことある感じだなあ、と平和な気持ちです。
posted by marie at 23:52| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年02月27日

モザイク開始!

昨日は水戸のオブジェ設置現場まで、コーディネート兼施工をして下さる会社の担当の方と3人で作品の設置場所の確認に行ってきました。
今は中庭にコンクリートを打つ前の型枠を作っていて、コーディネート会社の方々と現場監督の打ち合わせは、専門用語がわーっと飛び交っていて、私は大人しく座っていただけですが、いよいよだなあという感じでした!こうゆう会話に普通に混じれるようになりたいです。
そして帰りの電車の中で、プライベートのことを聞いたり、いつもの打ち合わせではなかなかできないような話を色々できて楽しい出張でした。

今日から楽しみにしていたモザイクを始めました。
ミチヨにはサザエ階段の内側を担当してもらうので、まず星を作ってもらいました。

KIMG0992.JPG

タイルって、普段は全然使わないのですが、改めて、可愛い!!
そしてさずがミチヨ!ささーっと作ってくれました。

みちよが星を作ってくれている間、私は、トンネルを水玉模様にすべく、丸を量産。
これはなかなかいい練習になりました。
最初の6個は、タイルを細かくしすぎてしまい、いまいちでしたが、7枚目でコツをつかんで、それからまた20個作りました。

KIMG0991.JPG

これはそれぞれ即席の机で作業していて、黙々と自分の世界に没頭していました。
やっぱりモザイク楽しいよねえ!
と今までの体育会系の作業は本当に大変だから、お金持ちになったらみんな人を雇ってやってもらいたいよねー、とか話していました。そんな日がくるでしょうか。

ポイントのものができたので、モルタルでオブジェに貼り付けていきました。

KIMG0994.JPG

まずはトンネルでコツを掴もう。一番難しいところだから、とっても練習になります。
それから5時間…

KIMG0996.JPG

トンネルはここまで。

KIMG0997.JPG

内側はここまで。
あー楽しかった!
明日はトンネルを完成させたいなあ。

posted by marie at 23:33| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年02月26日

モルタル塗り完了!

サザエ階段は、先日取り付けたラス網にモルタルを塗りつける作業です。
軽量のモルタルなので、厚塗りできるし、作業性はいいのですが、それでも、網にぐっとモルタルをこすりつける作業は大変です。こんなに大きな作品を作るのは久しぶりだったので、コテを持つ右手が手のひらから腕全体と背中まで筋肉痛になりました。

途中の状態。

KIMG0983.JPG

なんかチョコがけのお菓子みたいです。

最初は一人で作業だったのと、コテの感覚をつかめなくて5kg塗るのに1時間かかりました。
全体を1周塗るのにおよそ35kg。2周で70kg。最後の20kgはミチヨと二人がかりだったし、私も修行の成果が出て(笑)5kgは20〜30分で塗れました。さて何時間かかったでしょうかw。

階段まで塗りきった時は、モザイクするまでの準備が整ったので、ちょっとほっとしました。
あー長かったなあ。

KIMG0984.JPG

そしていよいよタイルも到着!
当然ながらタイルは30cm角シート張りで届きました。
ビシャビシャに塗らしてシートのノリを溶かし、ボロボロボローとタイルをシートからはがす作業は面白かったです。
シートから剥がしたあとの様子。

KIMG0985.JPG


さて、次回はいよいよモザイクですが、追加注文したいタイルが出てきたので、今日もう一度代々木にある名古屋モザイクショールームに行きました。

KIMG0986.JPG

丸いタイルを追加注文して、準備万端だ!
モザイクは木曜日からです。




posted by marie at 01:18| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年02月19日

ケーキとぺんさん

ラス網はり作業が結構大変で、結局2日がかりの作業になりました。
私の新品の素敵なRYOBIドリルが大活躍です。

今日は友達のペンさんがアトリエにケーキと一緒に応援に来てくれました!
残念ながらアトリエは仮作業場のため、ティーセットもお湯も、お皿も、ていうかテーブルもなくて、
切り出した発砲スチロールの塊をテーブルに自販機のコーヒーでいただきました。
でもとっても美味しかったです!

P1070094.JPG

せっかく遠くまできてくれたので、ペンさんにも作業を手伝ってもらいました。
番線で網を結びつけるこの地味な作業が意外にも大変で、手伝ってもらって本当に助かりました。
ペンさんありがとうございます!

P1070098.JPG

さて、なんとかラス網作業が終わって次はモルタル塗りです。
絵の仕事もたまってきたので明日はそっちをやって、モルタルは明後日やろうかなあと思っています。
来週は茨城の病院まで打ち合わせに行くことになったし、また忙しい楽しい時間がやってきました!
やるぞー!


posted by marie at 23:51| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年02月18日

ラス網はり作業

ここ数日はオブジェ制作を次の段階に進めるための材料と道具の調達をしていました。
そして今日やっとラス網の取り付け作業を開始しました。

今まだサザエ階段はFRPの状態です。これからFRPにタイルでモザイクをする(装飾をする)のですが、いきなりFRPにモルタルを塗るとしっかりくっつきませんので、まずはモルタルをひっかかり易くするラス網をFRPに固定する作業をしました。(接着剤を使えばできなくはないようですが、私はモルタル派なので。)

ドライバードリルで少しずつラス網を形に沿わせながら固定していきます。

P1070090.JPG

だんだんこつをつかんでくるとこの作業はかなり楽しいです。
でも、最初、油断して素手で作業していたら両手が血だらけになりました。
金網恐るべし。
でももっと驚いたのは、午前11時ごろに両手が細かい傷で血だらけだったのに、
ちょっと拭いてあとは放っておいて手袋して作業して夜9時、あれ、傷がどこかわからない!!!
私の再生能力恐るべし…。早すぎでは??

P1070088.JPG

最後は裏側も忘れずにー!

P1070092.JPG

明日は夜から絵のクラスの授業の仕事があるので、夕方までしか作業できませんが、
昼間、ミチヨに加えてもう一人強力な応援が来てくれそうなので、一気にモルタル塗りまでいきたいです。
頑張るぞー!


posted by marie at 23:45| Comment(3) | 子ども病院のオブジェ

2014年02月13日

オブジェ再始動

今日の朝は気が抜けたのか微熱を出してしまったのと頭痛がひどくて寝ていました。
私はかなりの健康優良人間なので、普段殆ど風邪をひきませんし、インフルエンザにもなったことはありませんが、今回ばかりはなかなかハードだったようです。
とりあえず皆さんにお土産でいただいた素敵なおやつをぼりぼり食べて精をつけました(笑)

そして午後にはオブジェがFRPになって帰ってきました!

KIMG0968.JPG

あまりFRPに馴染みがないので、へーこんなふうなんだ!なるほど。という感じです。
黒っぽくなって、より生生しい感じになってます。
ここに、ネットをビス止めして、モルタルを1層塗って形を整えます。
それからやっとモザイクです。

ようやく材料費が出ることになり、タイルの発注です。

KIMG0973.JPG

前にミチヨと二人であれこれ選んだので、だいたいどのタイルでやるか方針は決まっていたのですが、
数字や計算が苦手な私には19種類のモザイクの発注は気の遠くなる作業でした。
間違っていないことを祈ります。

明日はサザエ階段の地面とドッキングする「脚」の型取りに業者さんがきます。
私は販売した作品の発送作業もあるので、またしばし忙しい日が続きそうです。


posted by marie at 18:34| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年02月03日

原型完成!

先日から製作中の、病院の為の「さざえ階段」と「木漏れ日オブジェ」のFRP用発泡スチロール原型制作もラストスパートでした。

切り抜いただけの、かっちりした木漏れ日オブジェをナイフで柔らかい、ゆるーい形に削り出しました。

103.JPG

この男らしいのがわたくしでございます。
(この作業は夜中にやっていて、心配した旦那さんがクレープを買って様子を見にきてくれて、食べ散らかしたあとなので、奥が散らかっていて残念な写真ですが…)

102.JPG
からの

104.JPG
削り出すとこんな状態になります。

ひー、あとこの裏側を同じ用にやって、あともう一枚の表と裏もあるぞー!
60番、120番、400番と3種類の紙やすりで全体を磨いて磨いて。
昼間は他の仕事もあったので、二晩に分けて、なんとか引渡しの朝に完成!

105.JPG

あー、なんとか間に合った…
あーやばい、さざえ階段に貼ったベニア板も仕上げに形を整えないと!
とグラインダーでうんうんやって、ちょうど終わったところ、
そちらも夜中の施工でくたくたになっているFRP屋さんが登場。
「よくコレ作ったねー!」と褒められて既に満足した気分でした(笑)
車に積んで無事搬出されました。

106.JPG

個展が終わった頃、FRPになって帰ってくる予定です。楽しみです。
行ってらっしゃーい!

そして、この日の夜、動物園のポスター原画も発送して、なんとか色々な大仕事が峠を越えました。
残り2日は個展の最後の準備でございます。
キャプションやら、パネルの紐がけ、作品の梱包などなどありますが、
とりあえずボサボサの髪を切りに行きたい感じですなあ。





posted by marie at 10:18| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年01月29日

オブジェ原型制作

先日から病院のオブジェ原型制作を始めました。
1階用の「さざえ階段」と、2階用の「木漏れ日オブジェ」という2つを制作中です。
久しぶりの大掛かりな作業で、全身から、手のひらまで筋肉痛になりました…。
でもなんとか形になってきて良かった!

まず「さざえ階段」の様子です。
003.JPG
先週作ったベニア板のガイドを使いながら、発砲スチロールブロックを切り出します。
FRP屋さんにお借りした、ニクロム線のお手製の弓が大活躍です!

004.JPG

階段部分も切り出して、3つ並べてみて早くもテンションが上がりました。

008.JPG

まずは弓を使ってあら彫りです。
今回は「さざえ貝」をモチーフにしているので、渦巻きのような形を掘り出していきます。

この先は地道にナイフを使って彫刻です。
ここから2時間、がしがし削って片面ができました。

009.JPG

次の日、朝からもう反対側も彫刻して、紙やすりで表面を滑らかにしました。
大学院の頃、石の彫刻をするときは、「磨き」の作業が本当に大変でした。
じっくりじっくり磨いて、やすりの番手を何段階もわけて上げていって、
それでも上手く磨けてなかったり。
発砲スチロールの柔らかいこと!

011.JPG
磨き終わったら発砲スチロールの粉で全身が真っ白になりました。

なんとか左右は形になりました。
後は階段の形をベニア板で整えるのですが、接着剤がなくなったのでまた後日続きをします。

100.JPG

こちらは2階用の「木漏れ日オブジェ」です。
とりあえずこのガイドの切り出し作業が大仕事で、
私がサザエ階段の階段に奮闘している間に、みちよが一日がかりでせっせと切り出してくれました。

101.JPG

同じ形で2枚を2セットつくらないといけないので、本当に大変なんですよこれが。

102.JPG

そして、ベニア板のガイドを利用しながら、弓で発砲スチロールを切り出しました。
これを又、ナイフでイメージの形に削っていきます。
続きは木曜日にやろうと思います!可愛くなりそうで楽しみです!

残念な話。
ニクロム線の弓は電圧を弱く調整する機械とつないで電圧を弱く調整しないといけないのですが、
ある時いきなり真っ赤になってニクロム線が弾けて切れました。
「ぎゃー!!」と焦って、電圧機のメモリを変えたりして色々試してみたのに、
高圧の電流が流れる感じは変わりませんでした。
「こりゃ電圧機壊れたな…」と、しばらくナイフを使って切る作業をしていました。
弓を使えば5分でできることも、ナイフだと20分くらいかかるし、
体力も要るしエッジが綺麗に出なかったり、大変不便でした。
まだまだ先が長いのにこれはやばい、と先行きが不安になってきて、しょうがないので、ミチヨと夕飯を食べに行って休憩することにしました
ところが、ラーメンを食べているときに、ふと、「あ、コンセントさし間違えているかも」と気づきました。
帰ってチェックしてみると、なんと!単純に私が弓のプラグを電圧機ではなく、壁のコンセントに直接さしてたことが発覚!だ、だって、プラグの色が似てたから…う、うわあ。
少なくとも2時間と結構な体力を無駄にした…。
ミチヨ、私がアホでごめんねー!

何より、焦りは禁物ですな!
ずっと作業していると、冷静な判断力がなくなるんだということが改めて分かりました。
ここ数日は夢の中でも制作しているような状況なので、
行き詰ったら休憩するのが一番だと思いました。

金曜日にFRP屋さんがこの原型を回収しに来てくれるので、それまでに頑張ります!
ちなみに来週からの個展の準備もしております。
個展の方もどうぞよろしくお願いいたします。









posted by marie at 09:17| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年01月22日

FRPの打ち合わせ

今日は、FRPをお願いする「ミケラ・ムウト」さんのところに行ってきました。
瑞穂のジョイフルホンダのすぐ裏手にある大きな工房です。

KIMG0842.JPG

某有名テーマパークの装飾を作っていたり、某飛行機会社の訓練用実物大飛行機を作っていたり、
繊細なデザインから、巨大な案件までこなすスーパー工房なのです。
KIMG0840.JPG

びっしりと仕事がつまっているようでしたが、なんとか私の作品もねじ込んでもらいました。
うう、有難い。
社長が本当に本当に親切で、FRPど素人の私にもとてもわかりやすく説明してくださり、
なんとかFRP制作前の準備ができそうです。
頑張るぞー!


posted by marie at 17:01| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2014年01月21日

病院のオブジェ制作始動!

9月からマネージメント会社のディレクターさんと何度も打ち合わせをして、遂に、病院のためのオブジェ制作が始まりました!
2種類あるので、「さざえ階段」と「木漏れ日オブジェ」と私は呼んでいます。
とりあえず、モザイクをする為の原型になる、FRP制作の為の、型取りの為の、発泡スチロール原型制作の為の、ガイドになるベニア板の切り出しをしました。 
道のり長いなあw

月曜日に色々作業する為、日曜日の朝一に自転車を20分こいでホームセンターまで行ってベニア板を買ってきました。
切ってもらったり、配送手続きをしてもらったり色々する中でJ-マートの方々の対応がとっても親切で、身に染みました。
アトリエの住所を大家さんの住所と間違えて書いて運ばせてしまって皆さんごめんなさーい(泣)

今回は、モザイクユニット「モーゼンビジョン!」(美少女戦士セーラームーン!的なリズムで)
を組んでいる相方のミチヨに全面協力してもらって作品を作ります。
デザインは私なので、小林真理江名義ですが、詳細としては
「デザイン:小林真理江」「制作:モーゼンビジョン(MozenVison)」ということになります。

形に切断するベニア板は6枚もあったのですが、
私がベニア板に描いた線を、
ミチヨがダダダダーっとジグソーでぶった切ってくれました。
P1070016.JPG
私は普段手で引く糸鋸しか使っていないので、ジグソー早い早い!

お昼休みにはアトリエの近くの私の家で一緒にご飯を食べて、
リビングが日当たりがいいので気持ちよくなって、ちょっと昼寝して、また作業。

二人でやると進みも早いし、一層楽しいなあ。
個展の準備も追い込みで、作業は同時進行ですが、二人なのでなんとかなりそうです。
ミチヨがいて本とに良かったー!

今週FRP屋さんと最終打ち合わせをして手順を確定したら、
来週このベニア板をガイドにしながら発砲スチロールを切り出します!


posted by marie at 18:27| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ

2013年11月01日

遂にパブリックアートへ!

先日記事にも取り上げた挑戦中のコンペの件が、無事に採用され、小児病院の中庭にオブジェを作る仕事を任せていただけることになりました!本当に嬉しいです。
デッドスペースとなっていた中庭部分を改修して、診療を待つ親子が気分転換できるようなスペースに生まれ変わらせるプロジェクトの中で、子どもが登ったり座ったりできるようなオブジェを担当します。
大学院では鉄筋を組むような大きなオブジェは作っていましたが、設置する場所が前提にある仕事として挑戦するのは今回が初めてです。私のパブリックアート第一作目がこの仕事で本当に嬉しいです!自分の作品をできあがった空間の「飾り」として配置するような仕事ではなく、病院での「役割を持った」作品であることをは、今後の私の方向性にも重要な意味を持つように思います。
ところで、私が6年前に作った「将来やりたい仕事」というタイトルのイメージスケッチブックの一ページ目は病院でした。あー、これは運命?預言書?(笑)
本格的な始動は年明けなので、その時にまた詳細を掲載したいと思います!
協力してくれる仲間もいるし、困ったら導いてくれるパブリックアートの大先輩方もいるし、全然不安はありません。
私を選んでくれた病院の皆様、私を数多いる作家の中から選んで推薦とプレゼンしてくれた皆様、本当に有難うございます!そして中庭を利用するであろう患者様と、たくさんの人々への責任と期待を背負って充実した気持ちでいっぱいです。
来年は私にとっても記念すべき年になりそうで、今から本当にワクワクしています!やるぞー!
posted by marie at 00:51| Comment(0) | 子ども病院のオブジェ