2018年05月14日

笠木和子さんの一代記、出版!!

なんと!!私もお世話なっている、かさぎ画廊の笠木和子さんの一代記が出版されました!

90歳を越えてなお現役で、最高に面白い和子さん。
まだ20代、30代の頃は、数々の苦難が降りかかりましたが、シングルマザーながら奮闘し、ポジティブに乗り越え、日本の画商の草分けとしてスタートしたかさぎ画廊を、もう45年も経営し続けてきました。和子さんの生き様が面白く、一気に読んでしまいました。また、和子さん以外にも、有り様が心に残る登場人物が多く、刺激になりました。読後に前向きなエネルギーで満たされる、素晴らしい内容でした。画壇の有名な方々の当時の様子が色々出てくるのも面白いですし、作品を長年探し求めていた祖父の画家笠木治郎吉の作品にやっと辿り着くくだりも感動しました。

画商という仕事に興味のある人は勿論ですが、全く美術の予備知識のない方にも、人生の参考書として、老若男女、大変刺激になる一冊だと思います。
是非これを読んで、横須賀と鎌倉のかさぎ画廊を訪れて下さい!今年の秋にはかさぎ画廊の超目玉の大先生の個展(まだ情報公開前なので公開は自粛)が開催されますので要チェックです!
アマゾンで販売中!

http://amzn.asia/8kw7auG

BAED2576-963B-4F66-814B-EA31821C5F45.jpeg
posted by marie at 13:27| Comment(0) | お世話になっている方々

2015年11月09日

数奇和さんについて

前回掲載した老舗額装店の数寄和さんのことを改めてご紹介。

数奇和

こちらは普通の画材量販店と違い店頭に在庫の額は一切なく、作品を見てもらってどんな額縁にするか見立ててもらい、場合によってはデザインから全てオートクチュールで作ってもらうお店です。
高い天井の空間に大きな机だけという、シンプルで高級な佇まいに最初はおののいてしまいましたが、とても親切に対応していただきました。
11168399_10153088881477540_6540457954607821305_n.jpg

私の作品には無垢材のフレームで、シンプルながら贅沢な額を見立てて下さいました。絵と額縁の間に絵が痛まないように中性紙を当てて下さったり、額縁と壁の接触面にしっかりした「足」がついて、絵を壁に平行に飾れるようになっていたり、細部にも気を遣われていました。また、絵を入れている箱もこれまでの合わせ箱からより頑丈な差し箱にグレードアップ。中の袋もウコンで染めた黄袋になりました。黄袋には防虫効果があるそうで、季節ごとに作品を飾り替えて押入れに仕舞ったり、長期保管するにはとてもいい仕様になりました。折角の額縁代金を値切りたくないので、少しばかり作品価格も上げさせていただきました。日本の職人さんによる綺麗な額装の方もよーくチェックしてくださいねー!
posted by marie at 17:17| Comment(0) | お世話になっている方々

2015年11月04日

額縁のバージョンアップ

初めてお願いした数寄和さんにて額縁の確認に行きました。

image.jpeg

スッキリとまとめて下さったタイプとカラーの額縁のタイプ。
会場で飾ってみてどんな感じになるか楽しみです。
また、箱額はとっても高級感があって(実際に高級です)素敵です。
とりあえず袋や箱なんかもこれまでよりぐぐっとバージョンアップされましたので、
売る方も頑張っていかないとなと思います。

image.jpeg

額装して下さった大沢様。少ない予算の中対応して下さりありがとうございます。
色々と材料のことなんかもお話がきけて勉強になりました!

image.jpeg

岸田様、どうぞまたよろしくお願いいたします!
posted by marie at 10:11| Comment(0) | お世話になっている方々

2015年10月22日

額縁屋さんの新規開拓!

とても頼りになる額縁屋さんに、額装を頼めるようになりました!

私はこれまで画材の大手の世界堂かインターネット販売店で、既成の額縁の中から、絵に合うものをあーでもないこーでもない、と沢山悩んで自分で選んできました。それには価格の手頃さ、という最大のメリットに加え、「すぐ買える」という時間的なメリットもありました。
(二社の利用法を比較したブログを以前書きましたのでご興味があれば、→額縁注文は大変だよ
しかし、専門の方と相談しながら、もう一段いい額縁を使いたいと最近は考えていました。

そこで昨日、コレクターさんのお話で以前から気になっていた額縁屋さんがありましたので、どんなお店なのか見てくることにしました。あまり情報がなかったので、実際に行ってみると想像と全然違う緊張感のある佇まいでビックリしてしまいました。
完全に作家に合わせたオーダーメイドの額縁屋さんで、思い切って入ってはみたものの、私のような青二才が敷居を跨ぐような店じゃなかったのかも、と最初はおずおずしてしまいました。
しかし、どこの馬の骨とも分からない私にも社長がご親切に対応してくださり、展覧会の予定を伝えると、「今すぐにでも作品を見て準備したい」ということになり、なんと丁度翌日(今日)に私の自宅のさらに西側で用事があるということで、道中に私の家に寄って作品を取りに来てくれるというではないですか!!

今日、自宅の小さなリビングで社長さんとスタッフさんと3人で作品を一緒に見て、どんな額がいいかとか、いい額縁のまま、どうしたら価格が抑えられるかといったことを簡単に話しました。試しに今回一度作ってみて、詳しくはそれを見ながら相談することにしました。
そして、颯爽と私の絵6枚を梱包して車に積み、次の用事に行かれました。
終始対応のフレキシブルで親切なこと!
どんな額やマットを提案していただけるかとても楽しみです。

そういったことがあって改めて感じたことは、作品の販売価格が安いと、こうやって一生懸命やって下さるプロの方々(画廊さんや額縁屋さん)に充分に還元できなくて申し訳ないということです。
わたしがお付き合いしている方々は、私のやりたいようにやらせてくれるのですが、
絵の価格の問題は自分だけの問題じゃないんだ、とまた一つ目が覚めたのでした。
posted by marie at 21:15| Comment(0) | お世話になっている方々

2015年06月24日

水戸でお世話になっている皆様にご挨拶。

昨日から水戸にのりこんで、「もりのしょうたいじょう」を置いていただいたり、お世話になっている皆様に会いに行きました。

まずは「もりのしょうたいじょう」の音楽担当の小林鈴勘君のご実家のピアノ教室《森の音楽会》さんへ。
お母様は昨日は一日お付き合い下さって、駅に迎えに来ていただいたり、お昼をご馳走になったり、いろいろな挨拶周りに連れていってくれたり、大変お世話になりました。ありがとうございました!

森の音楽会ではお姉さまも一緒に秋の「もりのしょうたいじょう」イベントの打ち合わせをしました。
広い教室で、普段のレッスン以外にも、ライブなどのイベントもこちらでされているそうです。

DSC_0172.JPG

お庭もあって、外で何かを作ってもいいということでした。

DSC_0162.JPG

とても素敵な場所で「ここで本当に絵本のようなパーティができたら楽しいだろうなあ」とイメージが膨らみました。詳しい打ち合わせは後日お食事しながらしましょう!ということでそれもまた楽しみです^^

それから、《ぎゃらりーしえる》さんへ。
「水戸の軽井沢ってみんなで言ってるのよ」とお母様がおっしゃるのも納得。
森に囲まれたモダンな一軒家は、門構えからしてとてもいい雰囲気でした。

DSC_0173.JPG

こちらに着いてこの写真を撮ったあと、突然雷雨が吹き荒れてしまい、これ1枚しか外観が撮れませんでした。しかもギャラリーでは美味しいコーヒーとお茶菓子を頂いてすっかりリラックスしてしまって、写真を撮り忘れてしまい、素晴らしいこちらのギャラリーの様子をお伝えできず残念です。中庭もあり、窓から見えるグリーンも清々しい本当に美しいギャラリーでした。レジの前に堂々と置いていただいていて、光栄です!!オーナーの佐藤さんにご挨拶して、「もりのしょうたいじょう」の嬉しい評判なんかを聞いて、外は雷雨でしたが、楽しいひと時でした。

次に、先日出産したばかりの友人の病院に立ち寄り、可愛い坊やのお顔を拝見。

最期に水戸芸術館のミュージアムショップ《コントルポワン》さんにご挨拶です。

DSC_0176.JPG

なんとこちらもレジ横に置いていただいているではありませんか!!!
まさか、水戸のアート好きのメッカでこのような扱いをして頂ける日が来るなんて。嬉しいです。
このチョコ納豆というのが謎で気になって買ってきてしまいました(笑)

DSC_0178.JPG

お世話になっている店長さんとも記念撮影させていただきました。
ありがとうございます!!

DSC_0181.JPG

これが私の子ども時代と青春時代、常に中心にあった水戸芸術館のタワーです。
ただいま、またお世話になります。と心の中で拝みました。

ここで小林君のお母様とはお別れ。一日お世話になりました!

日を跨いで、今日、《水戸子どもの劇場》さんに一人でご挨拶に行きました。

DSC_0185.JPG

《水戸子どもの劇場》は、赤ちゃんや小さなお子さんを連れてもママパパが参加できるサークル活動や、お子さんが楽しめる遊びのイベントを開催したり、ランチタイムにママパパが気軽に集える情報交換サロンでもあります!こちらの事務所の中は和室になっていて、赤ちゃんや小さなお子さんを隣で遊ばせながら(或いは面倒をみながらでも)ママパパが「ウクレレ」や「手芸」を楽しんでいるというお話をききました。図書館で開催の読み聞かせの会や、市民センターでのママパパのブラスバンド部など、活動はいろいろ!こんな場所が近所にある人はそれはもうラッキーですよね。
《水戸こどもの劇場》→http://www.mito-kodomo.jp/
水戸こどもの劇場さんでも今回の私の訪問と展覧会のことを記事にしてくださるということでした。

DSC_0183.JPG

優しく対応してくださったスタッフの大越さんと記念撮影。ありがとうございました!
posted by marie at 23:20| Comment(0) | お世話になっている方々

2015年05月10日

額縁注文は大変だよ

先日は第一次額縁発注に行って来ました。
以前は自分で作品のサイズを測り、インターネットで額縁を取り寄せて、家で自分で額に入れていたのですが、最近は専ら作品を世界堂に持っていって額を選んで買っています。
私なりの両者のメリット、デメリットを考えたところは

[インターネット注文]
メリット…
・家で時間に関係なく選べる。
・サイトのすべての商品を満遍なくチェックできるので色違いや価格など比較がしやすい。
・作品を自分で移動しなくてすむので、一気に大量に注文できる。(まとめると送料が無料になる)
・種類が多い

デメリット…
・作品のサイズを全て自分で正確に計測しなくてはいけない(マットの切り抜きサイズを間違えると最悪)
・作品との相性、マットと額縁の相性を想像で選ばなくてはいけない(なんか違った、となることがある)
・届いた額縁に自分で作品を入れなくてはいけない(量が多いと凄く大変。一日かかる。)

[額縁屋さん(世界堂)に直行]
メリット…
・絵と額とマットの実物を実際に合わせながら直感で選べる(失敗がない)
・マットの切り抜きサイズをお店の人が正確に測ってくれる(失敗がない)
・額縁に作品を入れ、紐付けするところまで額縁の代金でやってくれる(綺麗ですごく楽)

デメリット…
・額縁屋さんまで作品を持っていかないといけない。(1度に持っていける数が限られる。重い)
・空いている曜日と時間を狙わないと大混雑に巻き込まれる。(平日のオープン直後に行くべし)
・店頭に出ているものはお客が自由に見るため、傷物が多く結局現物は購入できないことが多い。
(倉庫の在庫がない場合取り寄せに数週間かかる)
・店頭に出ているものはお客が自由に見るため、箱が汚いことがある。
・直感で選ぶため、ついつい価格が高すぎる額を選びがち。

以上結論としては、自分で持ち運べるサイズの絵の額は、何回かに分けて額縁屋さんに持っていって買うのが「あー、これじゃなかった」という無駄な買い物をしなくて済む、という点でいいと思っています。
すごく大きくてとても持っていけないサイズの絵は、インターネットの額縁屋さんで買うのがいいと思います。
まあ、すごーく偉い先生の場合だと、額縁屋さんが家まで絵を取りに来てくれて、作品に合う額縁を特注で作ってくれるそうです。私がそんなことをしたら絵の値段より高い額縁になってしまいますね!!

image-1f00e.jpg

というわけでカルトンに絵をはさんで額縁やさんに参上し、20数枚分の額選びに4時間半粘りました!
それでも、これらを額に入れるあの大変な作業をしないで済むと思えば、なんて素晴らしいんでしょう!
世界堂万歳!
posted by marie at 07:00| Comment(0) | お世話になっている方々

2015年02月13日

aRts STOREの面白さについて!

先日リリースしたばかりの、絵画のネット販売サイトaRts STOREの趣旨を、このサイトを運営している不動産会社R STOREの浅井社長がブログで解説してくれています!とっても分かりやすいです。

http://rstoreasai.exblog.jp/23469900/

物品の販売サイトの形式というのは、分かり易く分類されていればいいとしか思っていなかったので、
サイトの作り方で売り手の思想や思いを反映する、という発想は新鮮でした。
サイトの形で、「こんなふうに買い物をしてほしい」というライフスタイルの提案までできるなんて考えたこともありませんでした。
是非浅井社長のブログを一読下さい!

posted by marie at 18:46| Comment(0) | お世話になっている方々

2015年01月31日

「aRts STORE」サイトが遂にオープン!

絵画のインターネット販売サイト、aRts STOREが本日遂にサイトオープンしました!

【aRts STORE】 → こちら

私の作品も8点掲載されています!

artsストアスクリーンショット.jpg

作品の大きさなどの情報以外に、aRts STOREの方が書いてくれている作品のコメントがあるのですが、それがとてもラフで素直な感想だったので、面白くてつい全部読んでしまいました。

全ての作品にきちんと作品に合わせたコメントがついています。大変だったでしょうね!
これからも、色々な作家さんの作品が増えていくということですので、aRts STORE要チェックでお願いいたします。

【aRts STORE】のサイトは → こちら

posted by marie at 00:36| Comment(0) | お世話になっている方々

2015年01月19日

R-STOREのニューサイト”ARTS-STORE”に参加します!

お洒落なリノベーション物件で人気の不動産サイト「R-STORE(以下Rストア)」が、もっとアートを買い易くするインターネットの作品販売サイト「aRts-STORE」を始めます!
引越しや住宅の購入をきっかけに、綺麗な壁に絵を飾りたいと思う方が多いなーというのは私も以前から感じていました。新築マンション販売の展示場なんかで展覧会したらストレートだな(笑)なんて密かに思っていたところでした。
R-ストアでは、物件を買ったり借りた人にインテリアの相談を受けることがあるそうですが「本物の絵をどうやって買ったらいいのかわからない」という方が結構いらっしゃるそうです。
不動産の会社と絵や彫刻を作るアーティストがつながる、っていうのは考えてみれば自然な流れのようですが、日本ではなかなかありませんね。そもそも不動産やさんがインテリアやアートに興味がないと始まりませんから。ところで、引越しの時に一番頼りにするのが不動産会社なら、そこがインテリア含め、引越しに付随して調達する物や利用するサービスの情報を沢山持っていたら便利ですよねー。そもそも引越しの会社なんか、不動産やさんに営業したりしないのかしら?

話は逸れましたが、というわけで昨年の秋に私もお誘いただいて、じわじわと準備が進んできました。
新規事業なので、まだまだ最初は上手くいかないこともあるかもしれませんが、これから!という感じがいいなあと思っています。担当者さん(私より年下)と「この部分はこうしたらどうですか」「おいおいはこんなことできるといいですよねー」なんて話ができるのが楽しいです。
このサイトの特徴は、絵の写真だけではなく、額を含めた、全体の雰囲気がわかる写真を掲載するところです。最初は掲載作家も少ないですが、叙所に増えていくはずです。
掲載作家が少しずつ増えて、サイトが成長していくさまをオンタイムで見られるのが楽しみです。

サイトオープンは1月21日水曜日頃の予定です。
サイトのアドレスや詳細はまた改めて掲載します!

リノベーション物件のお洒落不動産サイトはこちら!→Rストア

posted by marie at 13:23| Comment(0) | お世話になっている方々