2017年06月07日

オブジェ進行中

IMG_5647.JPG
IMG_5768.JPG
橋猫オブジェのFRP原型ができました。最初はザックリとニクロム線の熱のカッターで切り出しましたが、曲面を出すのは発泡スチロールカッターと紙やすりで地道にジョリジョリと削ったので私もアトリエも発泡スチロールまみれでした。
そしてこれは無事にFRPにしてくれるミケラムウトさんに預けて、私の最初の任務が完了!
1ヶ月後、FRPになって帰ってくるのが楽しみです!そして、その後は真夏汗だくのモザイク期間がきます。恐ろしい!

IMG_5822.JPG
IMG_5825.JPG
そしてステンドグラスの方も進行しています。
渋谷の興和ガラスで足りないガラスを購入して、いよいよ妹尾和加子ちゃんのステンドグラス制作が始まりました。私の原画を型紙にして貰って、葉っぱのステンドグラスはガラスのパーツが大分細かいですね!よろしくお願いいたします。

IMG_5796.JPG
IMG_5798.JPG
私の方は購入したガラスの溶け具合を繰り返しテストして、フュージングするパーツの準備をしています。ガラスによって溶ける温度が微妙に違うので、形を統一するには何度かに分けてフュージングしないといけないようです。

さて、一方娘は保育園で流行中のお腹の風邪を貰ったか、はたまた最近離乳食を沢山食べられるようになった影響か、お腹を壊し気味で保育園を早退したりしております。
色々仕事も立て込んでおりますが、とりあえず娘が元気じゃないと私もソワソワしてしまいます。早く治りますように!

IMG_5832.JPG
posted by marie at 21:30| Comment(0) | モザイクやガラス

2017年05月30日

夏の展覧会!

ファイル 2017-05-30 16 45 08.jpeg

今日は今年初の、もしかすると今年は1回だけの個展の打ち合わせでした。
8月2日から15日まで、日本橋三越6階のアートスポットで展覧会をします。
期間中はなるべく在廊したいと思いますが、とりあえず確定しているのは初日と土日祝日の昼間です。
皆様どうぞ応援に来てください!

posted by marie at 16:49| Comment(0) | 展覧会のお知らせ

2017年05月25日

ステンドグラス打ち合わせ

IMG_5709.JPG
オブジェの抜け部分にステンドグラスを入れるので、大学院時代からの友人でステンドグラス作家の妹尾和歌子ちゃんと初コラボすることかななりました!いつかこんな日が来るのを待っていたので、とても嬉しいです。学生時代には和歌子ちゃんの壁画制作を手伝ったり、何年か前には病院に設置した和歌子ちゃんの石の作品を手伝いに広島に行きました。一方、和歌子ちゃんには病院の先生を紹介してもらって、沢山の絵を購入していただけたこともありますし、今回は壁画のことも沢山アドバイスをもらって、学生時代から助け、助けられる仲間です。

学生時代、いつか一緒にコラボで作品を作りたいねとか、一緒にモザイクとステンドグラスと壁画の会社を作りたいねとか言っていたのが懐かしいです。

今回は2回目の打ち合わせで一緒にガラス屋さんに行きました。ガラスは職人さんの手づくりなので、おなじものがありません。これぞ、というイメージのものと出会うのは運ですし、沢山のガラスから探し出すのはなかなか大変です。興和ステンドグラスのお店のスタッフさんにはとても良く対応して頂きました!

IMG_5710.JPG
IMG_5712.JPG
IMG_5711.JPG
posted by marie at 11:39| Comment(0) | モザイクやガラス

2017年05月17日

橋猫オブジェと手毬模様壁画

IMG_4933.JPG
制作中の橋猫オブジェは、名前の通り橋の体を持った猫です。この題材はもともと私の好きなものでもあるのですが、今回設置する旅館の場所からイメージを膨らませてこの形にしました。
旅館は美しい渓谷を見下ろす場所にあり、作品を設置する中庭も渓谷沿いです。この渓谷には有名なトラスの橋もあり、渓谷にかかる赤いトラス橋の風景が大好きな私はすぐ橋の形のオブジェにしたいと思いました。
そして、3方向を旅館に囲まれたひっそりとした中庭には、ふらりと動物がやってきそうな雰囲気がありました。その頃によくわたしの家の小さな庭に野良猫がやってきてはメダカの鉢の水を飲んだり、縁側で勝手に寛いだりしていたので、そう思ったのかもしれません。ノソノソと庭を横断しているところをこちらに気付いて振り向いたような猫と、橋のイメージが合体して不思議な生き物になりました。
形を絵にしてみると、こんな生き物が、ダイダラボッチのように、夜中に渓谷を跨いでいたらすごいなーと想像を膨らませてみたりして。
そういったイメージで脚の長い猫になっています。

又、旅館の外壁にも壁画を設置する予定です。
こちらは、外の道路から見える場所です。温泉街の雰囲気を考慮しつつ私らしい作品にしたかったので、オブジェよりも苦戦しました。
加賀手毬という存在を知り、日本古来の模様や、手毬らしい花模様を、鮮やかな色彩で崩す
ことにしました。
こちらはエスキースです↓
IMG_4934.JPG
かなり大きな作品になるので、完成が本当に楽しみです!壁面の原画の完成データは納品済みです。壁画も秋に設置予定です。
posted by marie at 10:49| Comment(0) | 絵のこと

2017年05月16日

橋猫オブジェ始動!

IMG_5616.JPG
5月に入り、遂にオブジェ制作が始まりました!秋に石川県の旅館の中庭に設置する作品です。
これは昨年、妊娠7ヶ月の頃にいただいたお話で、待ち望んだ大きなオブジェの仕事ながら、これは育児と両輪でできるかしら、大変なことになるぞ〜とドキドキしていました。
実際、産後1ヶ月半の頃、現地にご挨拶と取材に飛行機で行った時は、まだ体調も悪く、初めて小さい娘と一日中離れるのが不安で、もてなしていただいたのにあまり私はいい状態ではありませんでした。
しかし、毎日構想を膨らませて、準備をして、アトリエを探して、外注でお手伝いいただく方々と打ち合わせして、いよいよ作り出してみたら、それはそれは楽しいではないですか!!

写真は、FRPにする原型を制作している過程で、大きな発泡スチロールから大枠の形をニクロム線の熱で切り出したところです。この為にまずベニア板の型を作ったのがなかなか大変でした。
発泡スチロールを切り出す作業は二人がかりでないと私はできないので、夫の有休休暇を利用して手伝ってもらいました。最初は私がやり方を教えていたのですが、職人&リーダー気質の夫が結局あれこれ指示して作業してやっていて、私のいい加減さと夫の几帳面さがよく分かる共同作業で面白かったです。夫が「ここはどうやって調整する?」私「頑張って調整するの」「はあ?」ということもありましたが、実際集中して頑張ってやれば調整できるので問題なかったりします。しかしながら、テキパキと段取りよく進めてくれる夫のおかげで、切り出しはスムーズに終えることができました。
そしてここから私のイメージ通りの形にけずり出していきます!
image3.JPG
image2.JPG



posted by marie at 10:01| Comment(0) | 絵のこと

2017年04月18日

日本橋三越【彫刻アニマルパーク】が始まります

いよいよ明日から彫刻アニマルパークが始まります!

毬猫.jpg

毬猫背中.jpg

これは新作の「毬猫」です。
いい日和で動物園にでも行きたいですね!
こちらのアートの動物園もどうぞよろしくお願いいたします。

【彫刻アニマルパーク】
2017年4月19日[水]〜5月2日[火]
日本橋三越 6階 アートスクエア
posted by marie at 14:10| Comment(0) | 展覧会のお知らせ

2017年04月14日

日本橋三越「彫刻アニマルパーク」出品します 

来週からの動物の立体ばかりの展覧会に、小さなモザイク作品を出品します。

賢者(モザイク).jpg

これはフクロウで、猫と、新しいモチーフのパンダ、合計5点用意しました。
動物モチーフがお好きな方、楽しい展覧会だと思いますので、どうぞお立ち寄りください。

【彫刻アニマルパーク】
2017年4月19日[水]〜5月2日[火]
日本橋三越 6階 アートスクエア

日本橋三越「彫刻アニマルパーク」媒体表170403.jpg

日本橋三越「彫刻アニマルパーク」媒体裏170403.jpg
posted by marie at 21:45| Comment(0) | 展覧会のお知らせ

娘と私の新しい暮らし

先週から娘の保育園が始まりました。先週はまだ慣らし保育ということで、初日は親子一緒で、次の日は赤ちゃんだけを短い時間で、次の日は少し長い時間で、と徐々に時間を延ばしました。ひどく人見知りで、眠いのに寝るのが苦手で寝ぐずりがひどい娘で、保育園にちゃんと通えるかしら、、と3月は不安でいっぱいでした。ところが、蓋を開けてみれば、最初の3日ほどは大泣きしたものの、2週間が過ぎた本日は、泣かずにバイバイして、しっかりミルクを飲んで、布団に寝かせただけで大人の手を借りることなく自分で昼寝をして、お気に入りのおもちゃで遊ぶ、までを2週して、元気に過ごしてきたようです。
離乳食に至っては、家ではのけぞってほとんど食べてくれなかったのに、保育園に通うようになってから、出された食事の半分を食べてくれているようです!!7か月にして集団生活の空気を読んでいるようです。さすが、導く保育士さんはプロですよね。
家ではやっぱり寝ぐずりして、抱っこして寝かせてくれと泣きます。以前はこれは、娘が寝るのが苦手で、練習させてあげないといけないのかも、と不安に思っていましたが、実は「寝られない」わけではなくて、「抱っこして寝かせて欲しい」という気持ちだったんだと分かりました。昼寝も、就寝の時も、夜中に目が覚めた時も、それならばとことん抱っこで付き合いましょう、と私も迷いがなくなり良かったです。
色々な大人と関わって可愛がってもらえることで、親が「この子はこうだから」と思い込んでいる部分が、実はそうでもないこともあるんだと気づくことができますね。そして、娘自身も、色々な人との関わりで、親との暮らしとは違った刺激を受けて、親の知らない一面がぐんぐん成長していくのだろうなあーと思います。

こうして、ようやくじっくりと制作できる時間が取れて、日中は出産前のような状態に戻ったわけですが、気持ちの面では出産前とは全く違います。
娘は保育園に慣れてきてくれたと言っても、迎えにいった私の顔を見てはほっとしたように泣きだしたり、家に着くなり眠くてぐずりだし、普段はしないような時間に昼寝したり、眠すぎて大好きなお風呂でも大泣きしたり、彼女なりに頑張って過ごした一日の疲れを感じます。娘が保育園で頑張っていると思うと、私も頑張らないと娘に申し訳ない!という気持ちがいつもよぎるようになりました。以前のように、制作の合間にすぐ休憩したり、ぷらっと散歩や買い物にいったり、だらだらとご飯を食べたりというようなことが出来ません。かつてない集中力を発揮しているここ数日です。保育園のおかげで制作時間ができたといえど、以前のように夕方や夜は制作できませんし、土日は家族ですごす時間に充てたいので、集中して平日の昼間に制作する習慣がこのまま身につくといいです。ただ、気持ちがまだ落ち着かない(少し寂しい気持ちもあり)ので、新しいモチーフの絵などはもっとゆったりした気持ちにならないと描けない気がします。娘が、お迎えに行ったときに笑顔で迎えてくれるようになって、保育園を楽しんでいるのがわかるようになったら、私も気持ちに余裕ができると思うのですが。
何はともあれ、本格的に再開した作家業、今後は、看板、大きなオブジェ、壁画、絵本、様々な特注作品、展示など、ありがたいことにたくさん待っていてくれている仕事を頑張ります!

posted by marie at 21:34| Comment(0) | 旅行や日常の自分のこと

2017年03月06日

初節句

先日は両方の両親を呼んで、娘の初節句のお祝いをしました。娘は、6ヶ月になりました。もう6ヶ月経ったなんてあっと言う間だという気持ちと、出産や新生児の頃がはるか昔のことのような気持ちとあって不思議です。毎日が濃密で、もちろん娘は日を追うごとに、体も心も成長していますし、私や旦那さんも、毎日成長してきたなあと思います。娘の2ヶ月までは、展覧会があったこともあって、寝不足ながら制作して、自分の体は辛いし、まだ娘は弱々しく、ちょっとしたことで心配になって、子育て相談に電話したりしながら一喜一憂して、本当に大変でした。そして3ヶ月になった頃から、娘の激しい人見知りが始まり、人に預けることが出来なくなり、しかも抱っこしていないと昼寝できないという状態で、昼間は全く制作することができなくなりました。それでも、4ヶ月頃からは有り難いことにファミリーサポートで紹介していただいたKさんが週に数回うちに来て下さるようになって、Kさんに娘を見てもらっている間に二階のアトリエで制作しました。人見知り爆発中の娘の阿鼻叫喚を聴きながらですが、なんとか色々な締め切りに制作を間に合わせることができました。Kさんも娘も大変だったと思うので、胸が痛い日々でしたが、今となっては、娘をよく知ってくれている一番近所のおばあちゃん的な存在になって下さったKさんと出会えたことは、今後も素晴らしい財産なんじゃないかと思います。
そんな娘も最近は昼寝を布団でしてくれる回数が増えてきて、なんとなく授乳の間隔も空いてきて、今では体つきも立派なビック女子に成長しました。「だーいだいだいだいだい」とおしゃべりしたり、お気に入りのオモチャで遊ぶ様子や、愛想を振りまいてニコニコする笑顔や、毎日毎日が可愛いい盛りに感じます。
有り難いことに、4月からは保育園にも入れることになったので、私達の次のライフステージが始まります。娘が産まれてからの半年は本当に私の人生の宝物で、私と娘の一心同体のような生活が終わってしまうのが寂しいですが、きっと保育園という新しいコミュニティでの素敵な体験が沢山待っていると思うので、私自身もそれが楽しみです。
とりあえず残り1ヶ月の二人きりの暮らしを満喫して、4月からいよいよ大物の仕事を頑張ります!
IMG_5192.JPG
posted by marie at 16:23| Comment(0) | 旅行や日常の自分のこと

2017年02月14日

子ども部屋に

絵を購入してくれた友人から、ダイニングと子ども部屋に絵を飾ってくれた写真をいただきました!

ダイニングの絵は船のレストランの絵です。

古代魚の絵は子ども部屋の主役だそうです。

髭で演奏する猫の絵は、私の絵本、”もりのしょうたいじょう”が大好きだという息子くんの目線の高さに合わせて、飾ってくれました。この他にも、猫の絵をガッシリと掴んでまじまじと見ている息子くんの写真もいただいて、とても嬉しかったです。

いやあ、とっても部屋にしっくりきていて嬉しいですね〜(^^)

彼女は「子ども部屋に小林真理江を布教する!」と言っていましたので、そんな未来を楽しみに頑張ります。



IMG_5101.JPG

IMG_5102.JPG

IMG_5103-da594.JPG

posted by marie at 09:56| Comment(0) | 絵のこと